30坪ってどれぐらいの広さ?間取りを見ながら検討してみた

 

私、間取りの打ち合わせに入るまで坪数についてよく理解できていませんでした(^_^;)

坪と畳と平米(㎡)がそれぞれどのような関係の単位なのか分からなかったし、自分で間取り図を描いてみているときも、何がどれくらいの広さが必要なのかも分かりませんでした。

ここでは一般的な30坪以下の住宅ではどんな広さになるかをご紹介します。

30坪の考え方

まず一戸建ての場合、30坪は1階と2階合計の広さになります。

1階:15坪=30畳=約50㎡
2階:15坪=30畳=約50㎡

となります。

ベランダやロフトは延床面積に含まれません。

 

30坪でできること

1階

  • 玄関:1坪=2畳
  • お風呂:1坪=2畳
  • 洗面所:1坪=2畳
  • トイレ:0.5坪=1畳
  • 収納:0.5坪=1畳
  • ホール:1坪=2畳
  • 階段:0.5坪=1畳
  • シューズインクローク:0.5坪=1畳
  • LDK:9坪=18畳

合計15坪=30畳

2階

  • トイレ:0.5坪=1畳
  • 階段:1坪=2畳
  • 主寝室:3.5坪=7畳
  • 主寝室収納:1坪=2畳
  • 子供部屋①:2.5坪=5畳
  • 子供部屋②:2.5坪=5畳
  • 書斎:2坪=4畳
  • 収納(子ども部屋×2):1坪=2畳
  • 廊下:1坪=2畳

合計15坪=30畳

 

30坪って4人家族なら余裕で住める広さです。
書斎までできちゃいます。

LDKや寝室の広さはそれぞれですが、
トイレやお風呂はどこのお家もほぼ同じです。

お風呂は一坪タイプだと足が伸ばせるので広~く感じます!!
和室の畳をイメージすると広さが分かりやすいですよね。

 

31坪の我が家の間取り

我が家の間取りは31坪になりました!(2017.9.6追記)
4LDKでSICとパントリーも確保できています。

 

坪数は大切に

間取りを考えてるとあれもしたいこれもしたい状態になります!

広いパントリーが欲しいな~♪
クローゼットはウォークインにしたいな~♪
広々吹き抜けが欲しいな~♪

なんて考えてるとあっという間に坪数を消費してしまします!!

当たり前ですが収納スペースも坪数にカウントされます
収納を広くしてリビングを狭くするか、収納は最小限にてできるだけリビングを広くするか・・・

悩みますね!
とっても楽しい悩みです^^

 

坪数追加について

私たちの建築プランは28坪が基本でした。そこからもっと広くしたい場合はオプションで増坪していく流れです。

金額は1坪:56万(+税)。

消費税入れるとほぼ60万ですね。
2畳で60万・・・

悩むけど、インテリアと違って広さは後から変えられないから
増坪したいって主人に相談しました(*^_^*)

現在は31坪を目安に設計士さんに間取りを考えてもらってます!

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
お家づくりは続きます!

 

参考
1坪 ⇔ ㎡(平米) ⇔ 畳サイズ 換算

 

🌷🌷ブログランキング参加中🌷🌷

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です