駅徒歩20分。毎日往復40分歩く一戸建て。お家が駅から遠くて不安な方へ贈る、歩くことが楽しみになる厳選名言集

私は11歳から26歳まで東京23区に住んでいたので、日々の生活の中で家の立地に不満を感じることは全くありませんでした。

家から駅まで徒歩5分、新宿まで12分、渋谷20分、東京駅30分の好立地に慣れてしまい、それが当たり前のように感じていました。

そんな私が結婚して引っ越したマンションは駅徒歩7分。

このたった2分の差でも感覚は全く違い、引っ越してから半年(いや1年くらい?)は「遠いなあ。。」と度々思っていました。

ですが来年引っ越す我が家は今までとはケタ違いの駅徒歩20分!
距離にして1.9キロ。

それはそれは果てしない距離です。

一戸建てならこれくらいは普通だと思いますが、今までずっとマンション暮らしをしていた人にとってはびっくりする距離だと思います。

私はこの距離に自分が慣れるか心配でした。

「遠すぎるって嫌になったらどうしよう?」
「家探しの条件は何よりも駅近を優先するべきだったんじゃ?」

このブログを書いている内に、もしかしたら同じ不安を持っている人は意外と多いのではないかと思いました

そこで今回はそんな不安が吹き飛んだ私のお気に入りの名言を、思い出したいシーン別に厳選して紹介します!

駅から遠いことがラッキーだと思うようになるかも!!♡

 

毎朝、駅まで行く道で

あなたが不満に思うたった一つのために、あなたに与えられているたくさんの恵みが見えなくなっていませんか?歩ける自分、目がある自分、家族がある自分、身の回りにはたくさんの恵みがあふれています。

鈴木秀子

歩ける幸せを噛み締めて、足に感謝しながら歩こうと思えました(;O;)

駅までの距離なんて気にする問題ではなかったようです(;O;)

2人のお家、旦那と暮らす楽しい毎日、健康な体。

私は幸せだ(;O;)

 

自分を掘り下げるためには、ランニングのように余分な情報を絶ち、退屈に思えるくらいのルーティンを続けることが有効です。

『PRESIDENT』2017年9/18号P13

経営者が読者ターゲットの月刊誌PRESIDENT(プレジデント)に掲載されていて手帳にメモした言葉です。

私たちがパソコンやスマホから視線を上げてひとつの動作に集中することは今やほとんどありません。電車でもお風呂でも布団の中でも何か情報を取得し続けています。

そんな環境の中で強制的に今目の前にあることだけに集中できるランニングやウォーキングは頭を整理するのにぴったりな時間になるようです。

仕事の前に今日やることを頭で整理したり話す内容をまとめたりするのにちょうど良さそう。座っている時より歩いている時の方が頭も動く気がします。

 

人は心が愉快であれば終日歩んでも嫌になることはないが、心に憂いがあればわずか一里でも嫌になる。

人生の行路もこれと同様で、人は常に明るく愉快な心をもって人生の行路を歩まねばならぬ。

シェイクスピア

ちょっと解釈が難しいですが。。

嫌だ嫌だと思わないで楽しんでみようってことかな?

家が駅から遠くて歩かなくてはいけないのは、決して「遠い」というネガティブなことだけではないはず。

何か楽しいことや自分にとってメリットになることを探していけばいいんじゃないかな(*^_^*)

 

晴れの日

散歩道は
歌人たる私の
道場と呼ぶにふさわしい

上田三四二

何か発見はないかな〜?と探しながら歩くのは楽しいです!♡

毎日通っている道でもちょっと見る角度を変えただけで全く違う景色になったり、花が咲く様子に気づいたり。

散歩だと思って歩けば距離なんて気になりません♪

 

雨の日

雨の日には
雨の中を
風の日には
風の中を

相田 みつお

全てを受け入れて小さいことには動じない器の大きな考え方です。

現実では雨の日に20分も歩いたらびしょびしょになっちゃいそうだけど笑

なんだか生きてるって感じがする(*^_^*)

 

雨の中を歩くこと/愛とは、雨の中を一緒に歩くことだ。

チャールズ・M・シュルツ

スヌーピーが登場する『ピーナッツ』の作者シュルツさんの言葉。

小雨が降っていたら自分の傘はたたんでパートナーの傘に一緒に入ろう♪

話しても何も話さなくてもきっと素敵な時間になる^^

 

帰り道

頭にいろんな情報をインプットしたあとに歩くと、頭が揺さぶられることで何かの答えがアウトプットされる。

野口悠紀雄

これすごく共感です!

本を読んだ後や映画を観た後にSNSをチェックしたりスマホでゲームしたりするとその時感じたことをあっという間に忘れちゃうけど、歩いてみるといい感じに消化されて腹落ちしてきます。

ポンッといい案が出てくることも(*^_^*)

もし駅徒歩5分のところに住んでいて会社も駅直結ビルだったら、外の空気を吸うのは毎日10分くらいという人だっているはず。

そんな人があえて時間を作って散歩しているのと、行き帰りで20分ずつ外の空気を吸ってリフレッシュしているのでは時間的にはもしかしたら同じくらいかもしれません。

 

一回りか二回り
散歩してこよう
波打つ私の心を
静めるために

シェイクスピア

会社でイラッとすることがあったとき、その感情を家に持ち帰ってしまうことがあります。。

反省。。

嫌なことがあった時はシェイクスピアみたいにこんなセリフをさらりと言って、ゆっくり歩いて帰って来ようかな笑

 

慣れるが勝ち

実は土地が決まって駅徒歩20分になると分かった時から、距離に慣れておこうと思い帰り道に一駅分歩くことにしていました。

最寄駅の一つ手前で降りて歩いて帰るのを半年ほど続けています。
雨でもめちゃ寒でもとりあえず降りて歩いています。

なのでもう距離についての不安はほとんどありません!!

駅徒歩20分、ぜーんぜん大丈夫ですよ(*^_^*)♡

もともと歩くのは好きだったけど、引っ越していきなり徒歩20分になるのはショックが大きいので体を慣らしておいてよかったと思っています。

でも今は帰りだけなので、朝も20分になるのはまだちょっぴり心配です。。

そんな時は今回紹介した名言を読み返したいと思います^^

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!
お家作りは続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です