プロ直伝☆クリスマスツリーのイルミネーションライトの飾り方

クリスマスツリーの電飾の巻き方

 

先週、クリスマスグッズ専門店の
オーナーにツリーライトの飾り付け方を
教えてもらってきました。★

 

この飾り付け方だと、
ツリー全体がキラキラ光って
奥行きも出てくるのだとか

 

さっそくプロが教えてくれた
飾り付け方のポイントを共有します。

 

ポイント①ライトは枝に沿って巻く

クリスマスツリーの電飾の巻き方

一つ目のポイントは、
ツリーの中にもライトを入れること
です

 

私は今までイルミネーションライトと言えば
ツリーの外側をぐるぐるっと巻くのが
いちばん簡単でオーソドックスな巻き方
かな〜と思っていました。

 

でもクリスマスショップのオーナー曰く、
外巻きだとライトのコードが
悪目立ちして
しまうのだとか

 

おすすめされたのは、
ライトを枝に沿って
手前→奥→手前→奥と
ジグザグに巻くこと

クリスマスツリーの電飾の巻き方

このやり方で実際取り付けてみたところ、
ライトが直接枝に付いているように見えて
コードが全然目立ちませんでした‼

 

外側だけにぐるぐる巻くと
光るのはツリーの表面だけですが、
この巻き方だと内側からキラキラ光ります。

 

それがなんとも幻想的と言うか、
いい感じに仕上がるんです

 

ポイント②ライトのソケット位置をツリーの繋ぎ目に

クリスマスツリーの電飾の巻き方

2つ目のポイントは、
ライトのソケットとソケットを
ツリーの分け目に合わせることです

 

(ソケットはライトとライトを
繋げるコンセントのような部分のこと)

 

ツリーは大抵2つか3つに別れた
組み立て式になっていますよね

 

なのでツリーの上・中・下それぞれに
ライトを巻きつけてソケットで繋げば、
片付けるときいちいちライトを取り外す
必要がなくなるんです。

 

ライトを取り付けっぱなしのまま
しまうことができます。

 

こうすれば片付けるときも
来年出すときも楽チンです(o^^o)

 

我が家は180センチのツリーの
上・中・下にそれぞれ100球ずつ、
合計300球のライトをつけました。

 

この巻き方でどんな風に仕上がったかは
次の記事で更新します

 

今回も最後までお読みいただき
ありがとうございました。★

 

おすすめ関連記事★

憧れのクリスマスツリーとキラキラ☆かわいいオーナメントたち

もっと読む?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。