アレルギー性鼻炎だと診察された。症状は?原因は?

 

鼻水が止まらず、いいかげんどうにかしないといけないと思い耳鼻科に行ってきました。

血液検査の結果アレルギー性鼻炎だということが分かりました。

私は自分がアレルギー性鼻炎だと自覚しておらず、ただの鼻炎だと思っていたのでこの結果は大ショック。

陽性反応も強く出ていたため半日落ち込みましたが、だんだん今まで私を困らせてきた鼻炎に対してメラメラと怒りが湧いてきました。

もー、絶対治してやる。

私アレルギー性鼻炎治します!!!

ということで今日からアレルギー性鼻炎を治すために試行錯誤してみます。

せっかくブログを書くことも日々の生活に馴染んできたので、時々まとめていきたいと思います!

鼻炎の症状あるある

私は1年中ティッシュが手放せません。
例えばこんなことってありませんか?(>_<)

  • 朝ティッシュを持ったか確認してから出発する
  • 忘れたことに気づいた瞬間はすごく焦る
  • 鼻周りのメイクは午前中にはとれてしまう
  • 鼻の周りがカサカサしがち
  • ちょっとしたミーティングにもティッシュが欠かせない
  • 人と話しているとき鼻をかみたくなるとタイミングを見計らうのが大変
  • 水のようにサラサラとした鼻水が出続ける

鼻水って熱・のど・鼻の症状の中ではかわいい方だし甘くみられがちですが、日常的に付き合うとなると本っっ当にやっかいな症状です。

特に「鼻をかむ」という動作が日常生活に支障をきたします(>_<)

私のアレルギー数値

基準値は170以下となっていますが、私は1040で基準値の約6倍のアレルギー数値がありました。

陽性反応は6クラスに分かれていて、6が最も強いとされています。

私は下記のような反応が出ていました。

  • ハウスダスト:クラス6
  • ヤケヒヨウダニ:クラス6
  • 猫:クラス5
  • 杉:クラス4
  • ヒノキ:クラス3
  • 犬:クラス3
  • カモガヤ(イネ科の多年草):クラス2
  • シラカンバ(落葉樹の1種):クラス2

花粉はあるわ犬猫はあるわでそりゃ鼻水も出るわな(T_T)

小さい頃の検査でハウスダストやダニ、ネコにアレルギー反応があることは分かっていたのですが、定期的に検査を受けたり耳鼻科に通うことは今までしてきませんでした。

私はもともと食べ物にアレルギーがあり牛乳、卵、イクラなどが全く食べらなかったのですが、大人になるにつれて体が強くなり大学1年生の頃からソフトクリームやチーズも食べられるようになりました。

食べられるものが増えるにつれ自分がアレルギー持ちであることの意識が薄くなっていたようです。

今回の検査で今まで私を悩ませ続けた鼻水はアレルギー反応だったんだとハッキリ分かりました。

原因が分かったらもう治すっきゃありません!!

原因

「体質ですね」とお医者さんは言っていました。

「根本的に治せるものではないので、薬でコントロールしながら上手く付き合っていきましょう」とのこと。

これってお医者さんの決まり文句なのかな?
もう何回も聞いた気がする(T_T)

とにかく原因(症状を起こすアレルゲン)を除去することが何より大切なんだとか。

処方された薬

処方されたのはザイザルという飲み薬です。

朝飲むとその日の夜寝るまでほとんど鼻水が出ません。

ティッシュから解放されてさいっっこーにラク!!

副作用で眠気が出ることもあるようですが私は全然大丈夫でした。

でも。。。

あんまり薬に頼りたくないなあ(>_<)

根本的に治るわけじゃないし、薬に慣れてしまうのもイヤだし、体に全く影響がないとは言いきれないし。。

薬は本当に必要なときだけ飲むようにしたいと思います。

例えば人前で話す予定がある日とか、友だちと旅行に行くときとか。

薬を最終手段にとっておきつつ、根本的に治す方法を探します。

本気で治すぞ。

今まで鼻水で困ったことがいったい何回あっただろう?

今回の診察結果をきっかけに私は鼻炎を本気で治すことに決めました。これから情報収集→実践→結果報告を定期的にしていきたいと思います。

私と同じような症状の方いたら一緒にがんばりましょ~!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

もっと読む?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。