腕にしこりができた!押すと痛い!診察内容・原因・結果を報告します

 

先日ひじの内側にしこりがあるのを見つけました。結論を言うと、原因はただのリンパの腫れでした。

でも体にしこりができたのは初めてで、気づいてから結果が分かるまでの2週間ほどは不安でいっぱいでした。

今回は私が腕にしこりを見つけてから受けた診察内容・原因・結果を総レポートします。同じように腕にしこりを見つけて不安な方に、少しでもこの記事が参考になれば幸いです。

 

腕のしこりを見つけたきっかけ

歩いているときバックに当たるひじの内側が痛いことに気づきました。

前日までは全く気が付かなかったのに、しこりは大豆一粒分くらいの大きさになっていて、目で見てもポコッと腫れているのが分かりました。触るとコロコロと少しだけ動きます。

 

押すと痛い!腕のしこりの場所と症状

私は腕のひじの内側にできました。

見つけた日は押すと少し痛むだけだったのですが、2日目には小指がしびれるような感覚がありました。

ネットで調べるとしこりのほとんどは良性だけど、まれに悪性のものもあるから気を付けたほうがいいと書かれているものが多く心配でした。

 

腕のしこりの診察は整形外科へ

見つけた日が土曜日だったため、3日後に整形外科に行きました。

まずレントゲンを撮りその後診察に入ると、先生は「ちょっとレントゲンじゃ分からないからMRI受けられる病院を紹介しますね。紹介状もこの後お渡ししますから」とのこと。

その場で病名が分からなかったことにさらに不安を感じ、「しこりができた原因は何でしょうか?」と聞くと先生は「それは分からないんだよね~」となんとも曖昧な返事・・・。

たぶん水か脂肪だと思うけどね。水だったらすぐ抜けるけど、脂肪だったら場合によっては切らないといけないから」

そうなんだ・・・。
どうか水でありますように・・・(水って血のこと?)。

MRI受診

しこりを見つけてから4日後、日本橋にある病院にMRIを受けに行ってきました。

MRIは初めて受けたのですが、なんとなく高度なレントゲンのようなものだろうと思って下調べをせずに行ってしまったんです。

これがもう、壮絶でした。

MRIに入るのは30分間。検査技師の方に「大きな音が出ますからね」と優しく言われながら寝そべったのですが、大きな音なんてものではありません。

 

ガッガッガッガッ

ギーガチッ ギーガチッ


と、自分の顔の10センチ先でミサイルが発射準備をしているかのような感覚です。

クラシックが流れているヘッドホンを付けているのですが、ヘッドホンは少しも音を防いでくれず、体の芯まで爆音が響きますしかも一旦鳴りやんだと思ったらまた急に鳴り出す。

検査技師の方に「写真がぶれてしまうので入っている間は動かないでください」と言われているので身じろぎもできず。

怖すぎて目も開けられませんでした。今までの人生でベスト3に入る恐怖体験です。

本当に怖すぎて涙が「つー」と流れてきました・・・。

MRIを受ける方はyoutubeでMRIの音を聞いてから行ったほうがいいです。

音量は「うるさすぎて鼓膜やぶける!」くらいに調節すると本番でびっくりしないかもしれません・・・。

↓まさにこれ。こんな音を爆音で30分も聞き続けるんです。久しぶりに聞いても気が変になりそう(T_T)

検査の日は主人も心配して一緒にきてくれたのですが、これが本当に助かった・・・。

検査を受けた後は精神がボロボロになっていたので、待合室で手を繋いだとき生きて帰ってこれたと実感できました(T_T)

それにしてもなんでこんなに音が出る不完全な機械をなぜ普通に使っているんだろう?

医療器具だとしても、患者の要望に沿っていなさすぎます。飛行機で例えるなら、飛んでいる間中揺れっぱなしなのと同じです。

音が出ないMRIを早急に開発してください!

 

MRIの結果&血液検査

MRIから6日後(しこりを見つけてから9日後)、MRIの結果を聞きに再度病院へ行きました。

もしこれで悪い病気だと言われたら・・・と病院に行く前は心配でしょうがありませんでした。このときは腕のしびれはほとんどなく、しこりも押しても痛くない状態でした。

診察室に入りMRIで撮れた写真を見始めてから1分くらい、先生は何も言わない。

「う~~ん」といいながら写真を見つめて、「こっちの写真では白く見えるでしょ?でもこっちでは黒く見えるんだよなあ・・・」と言います。

「念のため血液検査しとこっか」

え?💦
あれだけの検査をしたのに、何も分からないの・・・?!

「MRI検査の結果にはリンパの腫れの可能性って書いてあるんだけどね。可能性はほぼゼロだけど、白血病の可能性もあるから念のため血液検査しときましょう」

と先生。

白血病・・・?!

MRI検査が本当に大変だったので、それでも原因が分からないことにもしかしかた想像より大変な状況なんじゃないかと焦りました。

「血液検査をすればほぼ全てのことは分かりますから」とのこと。血を採ってもらい、その日は帰宅。不安でいっぱいです。

押すと痛いしこりの正体

4日後(しこりを見つけてから13日後)、血液検査の結果を聞きに行きました。

この頃にはしこりが少し小さくなっているような気がして、私は嬉しくなっていました

診察室に入り先生が「リンパの腫れですね」とハッキリ言ってくれました

良かったよーーーう(T_T)(T_T)

「血液検査は何の問題もありませんでした。風邪で喉が腫れたりするでしょ?あれと同じようにひじの内側が腫れていたんだね。(触診しながら)しこりも小さくなってきているし、経過観察しましょう。もしまた大きくなるようなことがあれば来てください」

と先生。

良かった・・・。
ほんとに良かった・・・。

しかしただのリンパの腫れを見抜くのにレントゲン・MRI・血液検査と総動員する必要があるのでしょうか?

血液検査だけでよかったような気もするんですが、問題なかったし医療的な何かがあるのでしょうから文句は言えません・・・。

 

腕にしこりができた原因

「何らかの炎症でリンパが腫れていたんだろうけど、その原因は分からないんですよ」と先生。

免疫力が落ちてたとかぶつけたとか何か原因が分かればスッキリするのになあ。しこりってこんなものなのでしょうか?

 

腕のしこりを見つけてから結果が分かるまで

  • 8/5 しこり発見
  • 8/8 初診&レントゲン
  • 8/9 MRI検査
  • 8/14 血液検査
  • 8/18 リンパの腫れだと分かる

しこりを見つけてからリンパの腫れだと分かるまで13日間でした。

 

現在のしこり

今はしこりを見つけてからちょうど3週間経ちましたが、しこりは完全に消えました!バンザイ!!

 

出費

  • 1回目初診&レントゲン 2430円
  • 別病院でMRI検査    7660円
  • 2回目診察&採血     2440円
  • 3回目診察          1750円

合計:14280円

1か月のお小遣い4万円にしているのでこの出費は痛いです(T_T)

もしかしたら3週間じっとしてればそれで良かったんじゃ・・・?でも体のしこりをほったらかしにするのも怖いし・・・。なんともなかったから良しとすることにします。

 

疑念と感想

今回の診断を通してある疑念が浮かびました。

それはお医者さんがMRI検査をしている病院とグルになっていて、何ともないような人もとりあえずMRI検査をさせてお金をまきあげているんじゃないかというもの。

紹介料とかもらっているんじゃなかろうか。だって腕の小さなしこりの原因を見抜くためにMRIって荷が重すぎるよ!

疑ってごめんなさい。それほどMRIが大変だったんです。

感想は月並みですが健康は本当に本当に大事ってことです。

今腕にしこりを見つけて心配になっている方も、早く解決して心が楽になりますように。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

もっと読む?



コメントを残す