階段の手すりは内側でも大丈夫。縦型手すりをセットにすれば安全

間取り図をじっくり見ていたら、我が家は階段の手すりが内側にあることに気づきました。

普通手すりは外側についているものだと思っていたため設計士さんに質問すると、「外側に手すりを付けると窓に干渉してしまうので」とのこと。

よくよく見るとその通りで、我が家は階段に接する壁に窓を2つ作る予定で、下にある窓がちょうど手すりの位置と重なってしまう高さにありました。

お家探しの初期の頃、建売を見学したとき階段の窓に手すりがかかっているお家を見たことがあります。

そのセンスのなさと設計の甘さにびっくりして(わざわざそうする必要が思い浮かばないので)絶対これだけは避けよう!と思っていたんです。

外側に手すりをつけることもできたのですが、解決策はあまりいい案とは言えず見送る結果になりました。

  • 手すりに干渉する窓の設置をやめる

→リビングの換気&階段の採光確保のために設置したい

  • 窓に干渉する部分だけ、手すりの高さを下げる

→掴みにくい手すりだと危ない気がする

ということで我が家は内側手すりで進めることになったのですが、やはり本当に大丈夫か心配な点もあったため、使いさすさと安全面について調べてみました。

 

それぞれの特徴

内手すりと外手すりそれぞれの特徴を調べると、外側のほうが安全なのはもちろんですが、内側でもさほど問題はなさそうなことが分かりました。

外側

  • 踏み幅の広い外側を歩いた方が安全
  • 手すりが外側にあれば、自然と外側を歩く
  • 階段を降りるときに利き腕となる方に手すりがあった方がいい。右利きの場合は外側
  • 見た目がごちゃっとすることもある

内側

  • 人間は最短距離で歩く習性があるのでとっさに掴める内側にあったほうが安全
  • 見た目がスマート
  • 階段中央に縦型の手すりを付ければ問題なし

両側手すり

  • 最高
  • 一番安全
  • 階段の幅が狭くなり、家具の出し入れがしづらい

内も外も関係ない

  • どっちに手すりがあるか気にしたこともない(友人談)
  • 体が慣れてくるものだと思うからどちら側でも平気(友人談)

 

そもそも階段に手すりを付けてないお家もありますし、手すりはあったら便利な補助具くらいの存在なのかもしれません。

気になったのは縦型手すりというもの。

パッとイメージが湧かなかったのですが、写真を見たら納得。
これは便利そう^^!

 

縦型手すりとは

上の写真のように回転場のところに縦に設置されているのが縦型手すりです!

内側手すりは回転場で手すりが途切れてしまい掴まるものがない点がデメリットですが、これがあれば手すりを握ったままグルっと回れます!!

安全そうだし、見た目もスタイリッシュ♪
これは便利そう!

 

それぞれのイメージ

内側手すり


我が家もこのあたりに窓を設置する予定なのでイメージが近いです!

内手すりだと壁がきれいに見えます。

ライトの形もかわいいです^^
ホコリの掃除が大変そうだけど・・笑

 


風通しが良さそうな階段。
回転場が6段割ですが狭くは見えません。
 

外側手すり


こういうアイアンの手すり憧れます♡
先っぽがくるくる回っててすごくかわいいです(*^_^*)

 

壁と合わせて手すりも白くすると目立たずにスッキリします。

外側手すりにしたいけど存在感は出したくないときに使えそうです。

 

ちょうど良い手すり高さ

手すり関係で気になっていた高さについても調べてみました。

お願いしている工務店では床から75センチの高さが標準となっています。

実際にモデルルームで高さ75センチの手すりで階段を上ってみても全く違和感はありませんでした。

ただ私たちは2人とも身長が高いので、キッチンも高さ90センチ(80・85・90センチの3タイプある)の一番高いものを選んでいます。

子どものことを考えたらまた違うのかもしれませんが、今は2人暮らしだし手すりも標準より高いほうがいいかも?と思いました。

ネットで見つけた手すりに関する実験レポートが参考になりました。

床から75センチの高さの手すりに対して、年代別に持ちやすさを5段階で評価してもらう、というものです。

  • 高すぎる
  • 少し高い
  • 丁度いい
  • 少し低い
  • 低すぎる

実験の結果、20代の男女被験者合計18名の中では75センチの手すりは「低すぎる」と選択した人が最も多い結果になりました。

75センチをちょうどいいと回答したのは70代女性が最も多かったようです。

今は平均身長も伸びていますし、新しいお家では80センチくらいがちょうど使いやすい高さになるようです。

ほんの数センチの違いで使いやすさが全く変わってくるのはキッチンで体験済みなので、手すりの高さも慎重に決めていきたいと思います。

詳しい実験結果は手すりをつけよう!グリップグリップから確認できます。

 

憧れの階段

内側手すりにするなら・・・

こんな階段したい!




家族の歴史をギャラリーみたいに飾っていきたいです♡

海外の映画やドラマで度々目にしてきたこの光景・・・ステキ♡

これは階段があるお家ならでは(●^o^●)

配置のコツとかも調べて改めて記事にできたらいいな♡

 

結論

今回調べて分かったのは、階段の手すりは内側でも問題ないということです。

外側のほうが安全なのは間違いありませんが、内側手すりでも縦型手すりを併用することで安全面は確保できます。

スタイリッシュに見えるというメリットもあるので、あえて内側手すりを選ぶのもアリだと思います!

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

お家づくりは続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です