【暑中お見舞い申し上げます】夏の庭とゆず太郎くん

暑中お見舞い

 

8月になってようやく夏らしい日が続くようになりました。

千葉は今日も35度越えの猛暑日です。

去年より梅雨明けが30日も遅かったようですが、夏はその分短くなってしまうのでしょうか。それとも後ろ倒しになって秋が短くなるのか・・・。

夏がいちばん好きな季節なので気になります。

玄関先に咲いたひまわり

玄関先に咲いたひまわり

 

この家に引っ越してきて2回目の夏を迎えて、お庭の植物は去年と比べてずいぶん大きくなりました。

ゆず太郎くんが毎日毎日それはもう手塩にかけてお世話をしているので、一粒の種だったローズマリーやミントやタイムなんかが、両手では抱えきれないくらいの大株に育っています。

いろんな種類の植物が咲きみだれ、車一台分のお庭は小さな森へと変わりました。

ミミズが住みつき、ちょうちょが蜜を吸いに来て、ついにはそれらを食べにカエルもやってきています(道路を挟んで向かいのお家に大きな池がある)。

私は虫が全般的に苦手ですが、ゆず太郎くんは「ミミズは土を健康にする」とか「ちょうちょはお花を受粉させてくれる」とかうれしそうに話すので、それを聞いているうちに苦手意識がちょっぴり薄くなってきました。

それにしてもたった1年で小さな庭に生態系が出来上がったことには驚きです。

引っ越してきたばかりのときは、まだむき出しになっている土が多くて、滅多に生き物は見かけなかったのに。

そういえば先日、ゆず太郎くんがお庭のお手入れをしていると、カマキリが大きく育ったひまわりのてっぺんでキメキメのポーズをとっていたそうです。

両手のカマをスッと持ち上げているカマキリの堂々とした姿が、なんともかっこよかったと。

高いところに登って、庭を見渡しながら獲物を探しているカマキリ。
それを見つけて「かっこいい!」と感動するゆず太郎くん。

なんだか夏の虫取り少年に戻ってしまったようです。

でも、ゆず太郎くんは直接カマキリを持ったりはできません。

小さいときは好きだった虫も、いつの日からか直接つかむということができなくなり、庭で土を触ることが増えた今も触れないのだとか。

虫カゴとか買ってきたらどうしようかと心配していたので、ゆず太郎くんがその点は大人のままで心底安心しました。

暑さの本番はこれからのようです。
夏らしいこといっぱいできるといいな。

もっと読む?



コメントを残す