<お風呂>初めてのショールーム見学!壁パネルはLIXIL、床はTOTOがいい

先週末に主人と2人で船橋にあるLIXILとTOTOのショールームに行ってきました(*^_^*)

私たちがお願いしている工務店では水回り(キッチン・洗面台・お風呂・トイレ)はTOTO、LIXIL、トクラスの3社から選ぶことができます

ですがトイレはTOTO、キッチンはLIXILなどそれぞれ気に入ったものをチョイスすることはできず、メーカーは基本統一しなければいけないんです><

ショールーム見学は思ったよりも大仕事だったので、今回はお風呂に限定してLIXILとTOTOのそれぞれ魅力的だと思ったポイントをレポートしていきます!

LIXILのお風呂

(出展:LIXIL

私たちの標準仕様となっていたのはシステムバスルーム・アライズ1616サイズです。

一坪サイズの大きなお風呂!
足を延ばして入浴できます(●^o^●)

LIXILのお風呂で特に気に入ったのは壁パネルの色です!!

お風呂場は4面ある壁のうちの1面(シャワーや鏡がついている面)を好きなパネルにすることができます

一目で気に入ったパネルの色がこちら!

タイルが張られているように見えるエレガントモザイクというデザインです。

ちょっと分かりずらいのですが、唐草模様がイメージに近いです。ベージュピンクの優しい雰囲気が素敵♡♡

これがもー、本当にかわいくてドンピシャでした!♡

 

機能面ですごくいいなと思ったとはくるりんポイという髪の毛がまとまる排水溝です。

(出展:LIXIL

お風呂のお水を抜くと水が排水溝の中で円を描き、髪の毛が自動的にまとまってくれるというもの。

今までのように排水溝を歯ブラシでゴシゴシして髪の毛を取る必要がなくなります!

なんて画期的なんだろう!

最高!!

デモも見せていただきました(*^_^*)
これできればボールじゃなくて髪の毛に近い糸とかでやってくれたらもっとイメージ沸くのになあ。

TOTOのお風呂

(出展:TOTO

TOTOのお風呂で一番気に入ったのはほっからり床という床材です!!

踏むと畳のような柔らなさでとっても気持ちがいい!!

(出展:TOTO

タイルのように見えるのにビート版みたいな質感でひざをついても痛くありません^^
ネットで調べたら破けやすいという感想もあるにはありましたが・・・!

ほっからり床はすごく快適です!!

(出展:TOTO

あともう一つ気に入ったのが魔法びん浴槽というもの。

その名の通りバスタブが魔法瓶になっていて、5時間経っても温度は2.5度しか下がらないというから驚きです!

(そういえばこの実験環境はどんな状態だったんだろう?冬場の気温でこの通りなら本当にすごい)

しかもこの機能を追加するのにかかる金額は25000円ほどでした。LIXILにも同じような機能がありましたが追加50000円くらいかかったと思います。

ショールーム見学では想像以上に入っている情報が多く記憶が曖昧になっていて申し訳ありません><

比較結果

LIXILとTOTO2つのメーカーを比較表にまとめたところ、TOTOのほうが若干優勢なことが分かりました!

TOTOのバスタブはキレイな曲線でシルエットがとても素敵だったのでその点で一歩リードしています。

でもどちらもそれぞれ良さがあり、まだこっちだ!と決められません(>_<)

楽しい悩みなのでじっくり検討したいと思います♪

ショールーム見学で分かったこと

  • ショールーム見学は1社2時間だとあっという間。余裕を持って3時間確保しておいたほうがいい。
  • 想像以上に頭と体力を使う。当日は歩きやすい靴で出発!甘いお菓子も忘れずに。
  • 1日に回れるのは2社が限界。それ以上予定を詰めると何がなんだか分からなくなりそう笑

次回のショールーム見学はトクラスとウッドテックです。新宿に行ってくるのでその時は写真をたくさん撮ってレポートしたいと思います(^o^)

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

お家づくりは続きます。

もっと読む?



コメントを残す