【2月26日(水)】イワン・ビリービンの日

ビリービン

 

《道しるべにはこう書いてありました。「真ん中の道を進む者は飢えと寒さに出会う。右の道を進む者は生きながらえるが、馬を失う。左の道を進む者は殺されるが、馬は生きながらえる」。イワン王子は、長い間考えた末、右の道を選びます》

イワン・ビリービンはロシアの首都サンクトペテルブルク出身の画家。イワン雷帝時代から続く名家の生まれ。小さい頃病弱だったけど絵の才能があったおぼっちゃま。

ロシアの昔話にインスピレーションを受けた作品を次々制作していった。ここにロシア絵本の黄金時代が幕を開ける。

絵画というよりイラストに近くて親しみやすい。ほんのり暗くて緻密でどこか不気味。

 

もっと読む?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。