キッチンの窓辺に並べたミントとタイムの水挿し。小さなグリーンに心が癒される

 

キッチンの窓辺には
ミントとタイムの水挿しを
飾っています。

 

ゆず太郎くん(主人)が鉢植えで種から育てて、
伸びた葉っぱを切って水挿しにしてくれました。

 

水挿しとは切り取った細い枝を水につけて
発根させることです。

 

根っこが出たら土に植えて
増やすこともできます💡

 

 

わたしは植物を育てたことがなかったのですが、
水挿しはお水を替えてあげるだけなので
思ったよりも簡単でした。

 

植物がイキイキしている様子を
切り花よりも長い時間楽しむことができます。

 

「水挿しっておもしろいな〜」
と思い始めた今日この頃です💕

 

今回はキッチンを彩ってくれている
小日向家のグリーンたちを紹介します😀

 

生命力が強いミント

生命力がバツグンに強いのが
ミントです。

 

水挿しにして1週間くらいで根っこが
出始めました。

 

2か月ほど経った今では
根っこがたーくさん!!
すごいっ!

 

毎日変化を感じられるほどのスピードで
成長するので、育てていて楽しいです💓

 

下に伸びるタイム

お肉料理などで使われるタイムは
スーッとした爽やかな香りがします。

 

下に垂れるように伸びていく姿が
優雅でオシャレです。

 

新しい葉っぱがどんどん出てくるので
いつもフレッシュな緑が楽しめます🌿

 

アボカド🥑には個性がある

小日向家ではアボカドの種を
8個育てています。

 

去年はアボカドの種欲しさに
タコライスをたくさん作っていた
時期があったっけ笑

 

面白いのは種によって
成長の仕方がぜんぜん違うこと。

 

細い茎をぐーんと先に伸ばす子もいれば、
高さより茎の太さを重視する子もいます。

 

同じ場所で育てているのに
なんでだろう?

 

まるで性格がそれぞれ違うみたい。
植物って面白い!

 

**********

アボガドはキッチンである程度まで成長させたら
ゆず太郎くんが一つ一つ鉢に植え替えています。

 

アボカドは南国の植物のため
日本の冬は越せないようです。
寒くなったら室内に移動させる予定です🙂

 

セリアのグラス

水挿しで使っているのは
セリアのグラスです。

 

並べて飾るのにちょうどいいサイズで
お気に入り🤗✨

 

アボカドの種もちょうど1/3くらいが
水に浸かるのでぴったりです。

 

アボカドの育て方

アボカドの種の育て方は
LOVE GREEN』さんの記事が分かりやすく
まとまっていて楽しく読ませていただきました!

 

アボカドの種が発芽! 育てたくなる!アボカドの2年間の生長記録

 

どんどん大きくなるアボカドの
写真にワクワク💓💓

 

うちのアボカドたちもこんな風に
大きくなるといいな~😊✨

 

***************

🌷🌷ブログランキング参加中🌷🌷

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ

もっと読む?



コメントを残す