フローリングの色はブラックチェリーに決めた♪室内ドアの色も合わせてナチュナルなお家に

我が家はフローリングをブラックチェリーに決めました!

以前の記事ではブラックチェリーかもっと色の濃いブラックウォルナットで迷っていましたが、考えを寝かせてみたら答えはブラックチェリーの一択になっていました。

良かった良かった(*^_^*)

今回はフローリングに合わせて室内ドアの色・手すり・窓枠を決めてきたのでレポートします。

 

ブラックチェリーの色味

写真使い回しですみません><

ブラックチェリーの色はこんな感じです♪
(右が貼りたて、左が3年後)

どんな家具にも合わせやすいから今後インテリアの趣味が変わっても大丈夫そう^^

なによりこのあったかい色味がイメージしているお家にぴったり♡

 

ドアの色を着せ替え帳で選ぶ

打ち合わせで出てきたこの便利な冊子は、まるで小学生のとき遊んだぬりえの着せ替え帳みたい!

フローリングの色とドアの色を組み合わせて見てみることができます。

写真のフローリングの色味はブラックチェリーです。

 

ブラックウォルナットの床&ブラックチェリーのドア

最初迷っていたブラックウォルナットのイメージ。

白いすじが入っているのでこれはワンランク上のブラックウォルナットプラスです。

これも素敵だけど、床とドアの色はそろえたほうがまとまるかな?

 

ハードメープルの床&ブラックチェリーのドア

床よりドアのほうが色味が濃いとアクセントになって素敵です!

面積が小さいほうを濃い色にするとバランスがいいのかな?

 

標準仕様にはなかったグレーの床&ブラックチェリーのドア

うーーんこれは・・・ちがうかも笑

床がグレーならドアは白か黒かピンクとかが似合いそう♡

 

やっぱりこれ!床もドアもブラックチェリー

私たちは床もドアもブラックチェリーに決めました!

一番自然だし、はずれないし、木目の面積が増えてログハウスみたいな雰囲気になりそう♡

階段も写真と同じように全部同じブラックチェリーで揃えることにしました(*^_^*)

 

手すりもブラックチェリー

手すりの色も同じくブラックチェリーで即決!

お家づくりが始まったばかりの頃、私はアイアンの手すりに憧れていたのですが標準仕様のものに決めました。

やりたいことを全部やろうとしてパンクするより、絶対叶えたい部分をしっかり実現させて行こうと思います!

妥協という意味ではないのですが、うーん。なんて言えばいいんだろう><

 

窓枠は木目調に

内装の打ち合わせはどんどん進みます!

続いては窓枠の色味を決めることに。

窓枠は窓を付ける際に壁の厚み分くぼんだ部分のところです。
例えばこんな感じ。

上の写真では洗面台と合わせて窓枠を木目調にしています。

こちらは壁紙と同じ色で窓枠がなじんでいます。


窓にアクセントを付けたいなら木目、なじませたいなら壁紙と同じ色を選ぶと良さそうです。

いいとこどりの白っぽい木目もありました。


15色くらいあった中で私たちが選んだのはオーガニックブラウン!

 

壁紙みたいな厚みのシートなのですが、本物の木みたいに見える(*^_^*)

 

フローリングの質感が楽しみ

今住んでいるお家は床がフローリングの木目が印刷されたビニール製のものなので、新しいお家で床が本物の木材になるのがとても楽しみです♪

さらさらで気持ちいいんだろうなあ(●^o^●)
ぞうきん掛けのしがいがありそう♪

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
お家づくりは続きます。

もっと読む?



コメントを残す