≪WEB内覧会*化粧柱があるリビング≫家の中心にある大黒柱は風水的にもGOOD!

 

今回はずっと紹介できていなかったリビングのWEB内覧会です

引っ越しして早4ヵ月。やっと記事にできてうれしい。。

我が家のリビングの特徴は、家の中心にある化粧柱です。

間取りの打ち合わせ中は化粧柱のイメージが持てずたくさん悩みました

化粧柱がある我が家のリビングの写真をたくさん撮ってきたので、メリット・デメリットも含めてまとめてみました。。

「化粧柱ってジャマじゃない?」
「ない方が絶対いいよね?」

と化粧柱のことで悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。。

 

フローリングと色を合わせると自然

化粧柱があるリビング

こちらが我が家のリビングです

フローリングはウッドテックの「ブラックチェリー」です。

ブラックチェリーは日に当たることでだんだん色が濃くなっていく特徴があります。

我が家も入居前より色づいてきて好みの色合いになってきました(o^^o)

化粧柱もブラックチェリーの色に合わせて塗装してもらっています。

「同じ木材かな?」と思うくらい色味が同じなので、自然に馴染んでくれています。

 

構造的に必要だった化粧柱

化粧柱があるリビング

そもそも化粧柱とは表に見えてくる構造上必要な柱のことです

我が家のリビングの広さは17.5畳あります。

お願いしていた工務店曰く「このくらいの広さの部屋には化粧柱が必要」とのことでした。

化粧柱をなくすこともできるけど、それには追加料金が22万円だと聞き見送りに。。

この辺の基準は建築工法によっても変わってきそうですね。。

打ち合わせの時は
「なんでリビングの真ん中に
柱を作らなきゃいけないんだ・・・」
とショックでした。

 

化粧柱の存在は気にならない

化粧柱があるリビング

4ヵ月化粧柱がある家に住んで分かったことは、「化粧柱の存在は全く気にならない」ということです。‼

我が家は1本だけだからなのかもしれませんが、「ジャマだなあ」なんて思ったことは一度もありません

家の真ん中に柱があっても意外と気にならないものです。

 

大黒柱は風水的にGOOD!

化粧柱があるリビング

私は風水が好きで本をよんだり実際に試したりしています。

色々調べてみた結果、家の中心に大黒柱があるのは吉相だと分かりました。★

家の中心に大黒柱があると家を支える家主が強くなり、さらに家族が団結するのだとか★

大黒柱は「家族を守ること」の象徴として昔から大切にされていたようです。

我が家の化粧柱は一辺15センチくらいで大黒柱と呼ぶには細すぎるかもしれません。。

でも、ほぼ家の中心にある我が家化粧柱は私にとっては家を支えてくれる大切な大切な大黒柱です。。

風水的に良いと分かってから化粧柱(気持ち的には大黒柱)にもっと愛着が湧きました

 

化粧柱のデメリット

化粧柱があるリビング

化粧柱のデメリットはあんまり思いつきませんでしたが、3つほど。。

  • 模様替えがしにくい

引っ越し前は化粧柱があるせいで模様替えがしずらくならないか心配でしたが、そもそもそんな難しい模様替えはしないので心配無用でした

  • 掃除がしにくい

掃除もこのくらいの障害物が増えたくらいじゃ不便には感じません。床に散乱している物を片づけるほうがよっぽど大変です笑

  • ないに越したことはない

化粧柱は作らなくていいならそれにこしたことはないです。

リビングに柱が必要だと言われたときはこれは大ごとだと思いましたが、意外とこんなものでした

あとは家族や友だちを招待したときに「この柱は何?」って聞かれるかなと思っていましたが、今のところ全く聞かれていません。

そんな気になるものでもないのかな。。

 

化粧柱のメリット

化粧柱があるリビング

化粧柱があって良いことは特にありません笑

強いていえば化粧柱は家の化身(それか背骨か心?)のようなイメージなので家に対して愛着が湧きます。。

設計士さんが言っていた「化粧柱があると空間をゆるやかに区切ることができる」という意見にはまだ「??」状態です笑

化粧柱1本だと空間を区切るもなにもありません笑

以上、我が家のリビングWEB内覧会でした

化粧柱がメインになってしまったので、こだわった腰高窓については改めて更新します。。

お気に入りのキッチンについても後々紹介していきたいな

今回も最後までお読みいただきありがとうございました

 

関連記事★

化粧柱がリビングに必要だと言われたときの考え方と対処法

もっと読む?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。