≪Web内覧会*ロフト≫オプション費用80万円だけど作って正解!ここは天窓付きの秘密基地☆

 

Web内覧会、第3回目は
ロフトのご紹介をしたいと思います^^

 

階段→パントリー→ロフトと続いてなかなか
メインのリビングにたどり着けない・・・笑

 

リビングと2階の部屋は6月中に
きれいにする予定があるので、
そのときにたくさん写真を撮って
記事にしたいと思いますっ!

 

ということでまずは掃除が必要ない
ところから(。・・。)♡

 

今回は我が家がロフトを作ろうかどうか
迷っていたときに知りたかった情報も
一緒にまとめてみました(^_^)v

 

  • ロフトの費用
  • ロフトのメリット・デメリット
  • ロフトは部屋として使えるか?

 

それでは天窓つきロフトの
Web内覧会スタートですヽ(*^^*)ノ

 

ロフトの入り口

ロフトの階段

ロフトへの階段は2階のホールにある
フックに立てかけています。

 

ここ、最初設計士さんが提案してくれた
間取りではロフトが寝室の一つから
上がれるようになっていました。

 

でもそうするとその部屋に入らないと
ロフトには上がれないことに(+_+)

 

我が家はロフトを物置きというより
一つの部屋として使いたかったので、
どの部屋とも繋げずにホールから
上がれるように変更しました。

 

一戸建てのロフト

ハシゴを登るトラちゃんとライくん♡笑

 

住み始めてからも
ホールからロフトに入れるようにして
よかったと思ってます(^^)

 

ロフトの広さは4.5畳

一戸建てのロフト

階段を登ると・・・

 

じゃん!
これで4.5畳の広さです☆

4.5畳のロフト

柵もあるので落ちる心配も
ありません笑

 

ロフトの天井高はマックス140センチと
決まっているので、我が家もギリギリまで
高さをとっています。

 

天井がそのまま屋根の形になっているのが
ロフトって感じ♪

 

照明はダウンライトです。
最初の図面ではシーリングだったから
変更しておいて正解!

ロフトに設置された天窓

 

この高さの天井でシーリングぶらさげたら
床にくっついちゃうとこだった。。笑

 

部屋として使うことを想定して
コンセントもつけました。

ロフトのコンセント

 

こちらは換気用の小窓です。


小さい窓から遠くのほうまで見渡すと
望遠鏡で覗いているような気分になって
なんだかわくわく♡

 

これが三角屋根の真ん中にある窓です↓

アクセントになっていて
気に入ってます(*^_^*)

 

憧れの天窓

そして!!
これが!!!

 

天窓でーーす!!
ワーイ\(^▽^\)(/^▽^)/ワーイ

 

天窓の下に寝っころがって空を見ると
雲がゆっく~り流れていきます。

ぼーっと雲を見上げるなんて
小学生のときぶりかな?
空を見上げているとなんだか
満ち足りた気持ちになりました^^

 

天窓の大きさは
縦50センチ、横70センチ。
レバーをぐるぐる回して開け閉めします。

ロフトには小窓と天窓と窓が2つあるので
どっちも開けるとひゅーん!と風が通ります。

 

熱気がこもりやすいけど
これなら換気もバッチリ!

 

天窓のオプション費用は高かったけど
つけてよかった(^○^)!

 

ロフトの費用

ロフトの天窓

ロフトをつけるかつけないか
打ち合わせのときはたくさん悩みました。

 

だってロフトのオプション費用は
想像以上に高かったから!!(@_@;)

 

我が家のロフトにかかった合計金額は
777500円でした。

 

内訳はこの通り。

・ロフト(2,2坪):616000円
※坪単価は通常のお部屋の半額(1坪:28万円)

・ロフトへ上がるハシゴ:36500円

・勾配天井(2,5坪):125000円
※勾配天井にしないとロフトの高さが
120㎝しか取れない&2階の天井高が
低くなってしまうため実施

 

約80万円!!
う~~ん、高いです(@_@;)

 

作りたい気持ちと費用面の兼ね合いで
すごく悩みました(>_<)

 

80万あれば1坪増坪することもできるし
床暖にすることだってできちゃいます。
でも・・・我が家はロフト!!

 

ネットで調べてみた限りだと
ロフトの費用は工務店によって
まちまちのようです。

 

一体相場はどのくらいなんだろう・・・。
気になる。。笑

 

別記事でも詳しく書いています↓

 

ロフトのメリット・デメリット

一戸建てのロフト

<メリット>
収納スペースが増えて心に余裕が出る!!

 

思い出の品や季節物など
普段はほとんど使わないけど
捨てられないものってどの家庭でも
あると思います。

 

そんな物たちを置いておけるスペースが
最初からあると、気持ちがすっごくラク♪

 

将来物が増えて一部屋分物置に・・・
なんてことにはなりません!!

 

<デメリット>
費用が高い!!

 

デメリットのしては
費用が高いことに尽きます。。

 

4.5畳のロフトで80万って・・・
やっぱ高いよう(T_T)

 

30万円くらいが
即決できるラインだと思うんだけどなあ。

 

あとロフトに上がる階段が
ちょっぴりスリリングです笑
70°くらいあるんじゃないかな?

 

ロフトは部屋として使えるか?

ロフトに置かれた寝袋

我が家は4LDKですが、
もし将来部屋が足りなくなったときは
ロフトを部屋として使う予定です。

 

4月、5月と住んできた限りでは
窓が2つあって風も通るので
部屋として使うのも問題なさそうです^^

 

でも窓を一つしか開けていないときは
風が全然入ってこなくなって急に
熱くなります(ー_ー)!!

 

夏はさすがに厳しいかな~
また報告します!

 

部屋として使う予定があるなら
窓2つが良さそう♪

 

以上、我が家のロフトレポートでした☆

 

今回も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

もっと読む?



コメントを残す