【水道局納金】って何?諸費用に突如現れた30万円の正体

お家は何千万という大きなお買いものなので、
各項目について金額が記載された明細書もそれぞれが高額です。

保証料100万、登記費用80万、とか見るたびいちいち驚いてしまいます(^_^;)

その中でも特にびっくりして未だに納得できないのが水道局納金です。

別の不動産会社でもらった諸費用の明細書には記載がなかったのに、購入を決めた会社からもらった明細書には見たことがない「水道局納金」という項目があったんです。

いったいこれはなんなんでしょうか。

水道局納金とは

その名の通り水道局に収めるお金のことです。
千葉県水道局HPでは下記のように説明されています。

千葉県水道局の給水区域内(千葉ニュータウン・成田ニュータウン事業地を除く)において、水道を新しく引かれる場合は、工事費とは別に「給水申込納付金」及び「開発負担金」を納めていただいております。

当局では、水道を引かれる皆様へ「安全で良質な水」を供給するため、浄水場や給水場、及び水道本管等の施設の整備をしております。
これらの費用の一部を「給水申込納付金」及び「開発負担金」として負担していただいております。
「給水申込納付金」及び「開発負担金」は、直接お客様から水道局へ納めていただきます。

千葉県水道局

つまり新しく水道を引く場合は水道管等の工事が必要だから、新築建てる人は負担してくださいってことですね。

 

いくらなのか

なんと、291,600円(口径20mm)!!!!

水道管引くので約30万?!
ぼったぐりじゃないですか!!!!

これって税金で賄うべきところなんじゃないの?!
なんでこっちが払わないといけないの!!

30万あれば0.5坪(1畳)増築できます!
2人でアメリカに旅行だって行けます!!

そんな大金をなぜ水道局に支払わなくてはいけないのか・・・

 

納得できない水道局納金

水道局納金は自治体によって金額の差が大きいらしく、調べてみたところなんと東京23区にはこの水道局納金の制度さえないんだそう。

つまり0円。

それって都が税金で負担してるってことだよね??
どうして千葉はそれができないのか(;O;)(;O;)

ちなみに横浜市は162,000円(口径20mm)でした。

※口径とは水道管の大きさでどれだけ水を使うかでサイズを変更するみたいなのですが、一般家庭は20mmが多いようです。

また地域や家によっては百万以上になるところもあるようなので要確認です。

 

水道局納金は必ず必要なお金

最初に明細書で見たときは不動産会社が利益を上乗せして記載しているのかと思いました。

でも千葉のHPにも金額の記載があったので金額の間違いはなさそうです。

そしてこの水道局納金のお金は明細書に書かないで作る会社が多いんだとか。不動産に払うのではなく直接水道局に支払うからなんですかね。

だから最初に明細書をもらった会社のには記載されてなかったのか。

 

資金組みの前に確認を

住みたい街が決まったら、合わせて水道局納金についても調べてみてはいかがでしょうか。市役所ページで確認できます。

明細書でいきなり目にしたらショックを受けてしまうかもしれません。お金のことはなんでも事前に何にどれくらいかかるのか知っておきたいですよね。

 

街の特徴はそれぞれ

横浜市は162,000円と書きましたが、さっき読んでた新聞で「横浜は給食提供率0%」という記事を読みました。

横浜市って中学もお弁当なんですね。
これ毎日お弁当を作るお母さんは大変だと思います。

お弁当配達サービスなんかもあるようですが、それだってお金はかかりますし・・。

どこの街も個性が色々です。
水道局納金に限らず、教育や医療など、自分たちにとって住みやすい制度がある街を見つけたいですね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
お家作りは続きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です