駅徒歩20分の家に住む。賃貸のときに経験しておくのがおススメ

新しい我が家は駅から徒歩約20分です。それも自分史上最速の競歩で歩いた場合。

のんびり普通に歩いて信号に一回捕まったら30分くらいかかるかもしれません(>_<)

距離にして片道1.9キロ。結構な距離です!

でも主人と私は駅から離れていることをポジティブにとらえています(●^o^●)

なぜなら駅まで歩く通勤時間=運動タイムとして考えているからです。

ランニングをしていた

一時期運動不足を解消するために、主人と2人で休日ランニングに出かけたりしていました。

でも休日走ったとしてもなんやかんやで半日近くかかっちゃうし、平日に行くにしても会社帰りにジャージに着替えて走りに行くのってどうしても億劫なんですよね・・・。

そんなとき思いました。

新しいお家に引っ越ししたら、毎日通勤で運動できるじゃん!!と。

駅から徒歩20分って、駅徒歩5分に15年近く住んでいた私にとっては果てしなく遠いように感じました。

でもその間に何かできることがあるとすれば話は別です。

毎日朝晩20分、約2キロをウォーキングすれば、ほどよい運動が自然に毎日の生活に取り入れることができます(^O^)/

ウォーキングの効果

ウォーキングはどんなことに効果があるのか調べてみました。

ウォーキングは、体に良い様々なホルモンを分泌させるので、心身ともに健康を手に入れたい方にお勧めの運動です。また女性ホルモンにも作用することから、エストロゲンの分泌を促して髪の質感が良くなる、肌に艶や潤いを与えるなどの効果も期待できます。

(出展:女性の美学

  • 血液がサラサラになる

ウォーキングは、コレステロールや中性脂肪を減少させる効果があります。ベトベトの血がサラサラになることから、血流をよくする効果が期待できます。

  • 免疫力がアップする

リンパ球やホルモンの分泌がよくなることから、免疫力の向上にもつながります。

  • 筋肉のこり(肩こりなど)が解消される

血流がよくなることで体に溜まった乳酸がすみやかに排出されるため、筋肉のこりを解消する効果も期待できます。

(出展:ヘルスケア大学

わーお♡
ウォーキングは体に良いことずくめのようです!(●^o^●)

土地の価格はここまで違う

私は実家が駅まで徒歩5分の好立地だったので、お家は駅近がいい願望が強くありました。結婚して主人と一緒に住み始めた家が駅徒歩7分なのですが、それでも最初すごく遠く感じました。

しかしですね。

都内近郊で交通の便がいい駅の駅近の土地なんて、価格高すぎもいいところですよ!

私たちが見た例では、同じ駅の徒歩約9分の土地が3000万。駅徒歩約20分の土地が2500万からありました(坪数は30坪でどちらも同じ)。

この10分の差で500万も金額が変わってくるんです!

マンションなら駅近物件はありますが、戸建の場合は駅徒歩10分はかなりいいとこ、15分~20分は普通にかかるものと思っていたほうがいいです!

賃貸のときに駅徒歩20分の物件に住んでみる

そこで提案したいのが、賃貸暮らしの内に駅徒歩20分(頑張れるなら30分でも)の場所に住んでみるということです。

賃貸で住んでみて、「お、意外と平気だぞ」と思ったら戸建を購入するとき駅から離れていてもなんの心配もなくなります。

反対に「遠すぎる・・・ムリ」と思ったら、駅近である条件を譲らずに土地を探せばいい。

将来のお家は一戸建てがいいな♪と思っている方は試しておけば安心だと思います! (*^_^*)

駅が遠ければ家賃も安くなりますしね♪

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

お家づくりは続きます。

もっと読む?



コメントを残す