耐震等級1と耐震等級3では、地震保険はいくら違うのか。見積もり金額を公開します

私たちのお願いしている工務店は耐震等級1が標準仕様でした。

耐震等級には1~3まで等級があり、3が最も地震に強いとされています。

首都直下型地震は30年以内に70%の確率で起こると言われているし、できれば一番安心できる耐震等級3にしたいと思っていました。

けど!!

耐震等級3にグレードアップするには、オプション費用として70万円(税別)かかるとのこと!!

高すぎます (T_T) (T_T)
2人でロサンゼルス1週間、カンボジア1週間、フランス1週間くらい行けるよ(;O;)

すでにオプション費用は予算分ギリギリまできていたため主人と色々話し合いました。

そこで出た案が、70万円を保険の割引でカバーできるんじゃないか?ということ。

地震保険はどの保険会社でも耐震等級1で10%割引、耐震等級3で50%割引が適用されます。

4割引も違うんです!

これなら耐震等級3にグレードアップして今70万円出したほうが、長い目で見れば耐震等級1のままよりもお得になるのではないかと考えました。

保険会社に耐震等級1と3でそれぞれ火災・地震保険の見積もりを出していただいたので、今回はその内容と金額をレポートします。

耐震等級を1から3へ変更しようか悩んでいる方の参考になれば幸いです!

 

建物情報

保険金額は土地の面積やお家の構造によって変わってきます。

今回は保証内容の検討はいったん置いておき、保険会社のおススメプランで見積もりを作っていただきました。

保険会社は三井住友海上です。

  • 建物評価額:1800万円
  • 建築年月:平成29年11月
  • 構造級別:H構造(非耐火)
  • 建物形態:独立住宅(一戸建)の一等全体
  • 専有延面積:103㎡
  • 建物契約に含まれるもの:建物の基礎、門、塀、垣、物置、車庫等(66㎡未満)

 

また私たちは住宅ローンを千葉銀行で組んでおり、千葉銀行が紹介する保険会社(3社から選べる)で契約すると15%引きが適用されます。

そのため今回は15%引きされた金額で記載しています。

 

保証内容

保証内容は耐震等級1と3共通です。

  • 火災保険期間:保険開始日から10年間
  • 地震保険期間:保険開始日から5年間(以後自動継続)

 

  1. 火災・落雷・破裂・爆発
  2. 風災・雹(ひょう)災、雪災
  3. 水ぬれ
  4. 盗難
  5. 水災
  6. 破損、汚損等
  7. 地震、噴火、津波(地震保険)

 

建物・家財の保険金額

  • 建物:1800万円(地震の場合は900万円)
  • 家財(長期用)特約:500万円(地震の場合は250万円)

↑建物・家財の保険金額については、見積もりを見ただけではよく分かりませんでした(>_<)地震保険の場合は900万しか出ないってことかな?

保証内容については保険会社さんとお話しした後改めてレポートします!
今回は金額の比較ということで見ていただければと思います><!

その他の補償・特約等

  • 事故時諸費用(10%、100万円限度)
  • 地震火災費用(5%、100万円限度)
  • 日常生活賠償(1億円・免責0万円)
  • 類焼損害・見舞費用(1億円・1被災世帯30万円限度)
  • 暮らしのQQ隊(カギ開け、水回り)

↑こちらも保証内容がどういうものかは改めてレポートします!

 

【耐震等級1】の保険料内訳

まずは標準仕様だった耐震等級1の保険料からご紹介します。

  • 払込方法:長期一括払
  • 建物:203280円
  • 地震保険:130860円
  • 家財(長期用)特約:92440円
  • 地震保険:36350円
  • 日常生活賠償特約:9110円
  • 失火見舞費用特約/類焼損害・見舞費用特約:11230円

 

合計保険証:483270円
※火災保険10年分、地震保険5年分

でした!!

いや~、結構かかりますね(^_^;)

保険会社さんおススメのプランということで、かなり手厚い保障内容になっているようです。

 

【耐震等級3】の保険料内訳

つづいて耐震等級3の保険料です。


違いが出てくるのは地震保険のところだけです。
その他は上に記載した耐震等級1と変わりません。

  • 建物の地震保険:72720円
  • 家財の地震保険:20200円

 

合計保険証:408980円
※火災保険10年分、地震保険5年分

です!!

耐震等級1は483270円
耐震等級3は408980円

耐震等級3のほうが74290円安い結果となりました!
※火災保険は耐震等級1でも3でも変わりません。

74290円は地震保険5年分の差額です。

住宅ローンと合わせて35年間保険に入るとすると、
74290円(5年分)×7=520030円

35年間のスパンでみると、耐震等級1のほうが約52万円も多く保険料を支払う必要があることが分かりました!

オプション70万円を払って耐震等級3にした場合と、標準仕様のまま耐震等級1にした場合の差額は約18万円でした。

これは18万円で耐震等級3にグレードアップできるのと同じです!
これならやるっきゃない!!(^^)

 

補償内容を削れば安くなる

補償内容の中で水災(洪水などの補償)をカットする人も多いらしく、その見積もりも出してもらいました。

川沿いのお家なら付けたほうが安心ですが、高台にあるお家やマンションの高層階などの場合は必ずしも必要ではないからです。

金額は下記の通り。

水災の補償なしの場合
耐震等級1:402120円(-81150円)

耐震等級3:327830円(–81150円)

どちらもマイナス約8万円引きになりました。

水災をカットするだけでずいぶん変わります!
我が家も高台にあるので水災補償はなしで大丈夫そうだな^^

 

まとめ

35年間のスパンだと、耐震等級1は耐震等級3よりも約50万円多く保険料を支払うことになる。

5年間の差額は74290円。耐震等級3のほうが安い。

耐震等級3へのグレードアップが50万円くらいなら3にしたほうがお得&安心

 

我が家は耐震等級3へのグレードアップは70万円だったけど、実施することに決めました!

今回はざっと出してもらった見積もり金額なので、また改めて決定版と補償内容についてもレポートします^^

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
お家づくりは続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です